中小企業サポートコラム

2013年4月 9日 火曜日

休憩をとらずにその分早く帰りたい!?

こんにちは。スギちゃんです。本日のブログ第2弾です!!

今回の話題は
労働者が「休憩は要らないから、その分早く帰らせてほしい」と申し出た時の対応です。
とある事業主様より下記のようなご質問がありました。


■ご相談■
とある事業主様より「ある社員が『休憩は要らないから、その分早く帰らせて欲しい』と言っています。どう対応するといいでしょうか」
■弊社の答え■
断って頂かなくてはなりません。労働基準法違反になります。


スギちゃんも新卒の時は、早く帰りたいあまり、同じような事を思った記憶があります。
労基法の休憩時間に関する規程は皆さんご承知と思いますが、
●労働時間が6時間を超える場合は45分以上
●労働時間が8時間を超える場合は60分以上
●労働時間の途中に
与えなければなりません。


こちらの企業様は9時始業18時終業とのことですので、やはり休憩を与えなければなりません。社員の方は最近残業続きで、いっそのこと休憩は要らないから、早く帰りたいとおっしゃったとのこと。
休憩をとらないと業務効率も悪くなりますので、ここは仕事を他の労働者の方に振り分け、休憩をとらないわけにはいかないと理解して頂きましょう。


次回をお楽しみに!!
残業代繰り越し清算、固定残業代、給与計算代行、就業規則・各種規程作成、労使トラブル解決支援、その他労務のことなら中小企業サポートセンターへ!!

投稿者 社会保険労務士法人中小企業サポートセンター

中小企業サポートセンターでは、
未払い残業の対策や賃金設計の方法を知りたい方!
労務トラブルを解消したい!など
依頼者の皆様に対して、
フットワークを軽く、安心できるサポートをご提供します。