中小企業サポートコラム

2013年3月19日 火曜日

若者チャレンジ奨励金、申請第一号になりました!!

こんにちは。スギちゃんです。
本日はブログでご報告があります!
できたてほやほやの助成金「若者チャレンジ奨励金」大阪第一号の申請を弊社がお手伝いさせていただきました\(^o^)/\(^o^)/
ややもしたら日本でも第一号かもしれません。
 

復習ですが、「若者チャレンジ奨励金」とはざっくり申しますと、非正規雇用の35歳未満の若者を訓練(OJTとOFFJT)すると、1人につき月15万円、その後正社員になると1年後に50万円さらに1年後に50万円支給される助成金です。
(細かい条件や対象外の内容はこちら→厚労省HP:http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/shokugyounouryoku/career_formation/challenge/dl/130313-01a.pdf)

お役所に行く作業など、スギちゃんが携わらせていただきました。助成金の申請に行く自体、初めてで緊張しました(゜-゜)本日はその実況を。


まず①カリキュラム②計画書③評価シート④講師の資格を証明する書類を持って、颯爽と助成金センターに現れたスギちゃん。さっそく修正をかけられました!!?
(①~③は厚労省のHPからダウンロードできます。④はOFFJTを自社の社員が行う場合に、講師となる社員が5年以上の経験者でないといけませんが、それを証明する書類です。)

留意すべき点は下記です。
(1)講師の資格の証明はその者の略歴書で詳しく。
(2)評価シートの評価欄の一部である「専門的事項」は公的規程から出典しなければならない。

(1)全体の訓練時間が1920時間以内ならOFFJTを自社の社員で行ってよいのですが(必ずしも外部講師の訓練である必要はない)...その場合は講師となる社員はその仕事の5年以上の経験者でなくてはなりません。
そしてその「5年以上の経験」を証明するのは略歴書です。
 皆さんも申請するときは、転職するときの職務経歴書をイメージして頂くといいと思います。できるだけその仕事に就いてから、その会社に入社してからの業務内容の変遷を詳しく書きましょう。

(2)申請時に「評価シート」なるものが必要です。これは実際に訓練が始まった時に講師となる人が訓練受講者を評価するシートで厚労省のHPからダウンロードできます。(ダウンロードはこちら→厚労省HP:http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/shokugyounouryoku/career_formation/challenge/)
この評価シートの3枚目「専門的事項」の欄には、その仕事にそった評価基準を自社で設定する必要があり、
オリジナルで作成するのではなく、半数以上は下記の公的規程から出典する必要があります
●「モデル評価シート」厚生労働省・中央職業能力開発協会
●「職業能力評価基準」厚生労働省・中央職業能力開発協会
●「日本版デュアルシステム訓練修了後の評価項目作成支援ツール」(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構
●技能検定その他の公的資格制度(技能照査含む)における試験基準
●業界団体等が当該職種に関する分析を通じて作成した企業横断的な評価基準



大阪第一号(日本でも一号のはず)の若者チャレンジ奨励金、申請は無事に終了いたしました(^O^)今後も途中経過を報告したいと思います。
申請が終わりましたので次回は訓練受講者のキャリアコンサルティング受講です。
お楽しみに!!
残業代繰り越し、給与計算代行、各種規程作成、労働問題解決、労務のことなら中小企業サポートセンターへ!!

投稿者 社会保険労務士法人中小企業サポートセンター

中小企業サポートセンターでは、
未払い残業の対策や賃金設計の方法を知りたい方!
労務トラブルを解消したい!など
依頼者の皆様に対して、
フットワークを軽く、安心できるサポートをご提供します。