中小企業サポートコラム

2013年2月26日 火曜日

義務教育課程の児童が働くには!?

こんにちは。スギちゃんです。北海道ではマイナス48度の大寒波(@_@;)そろそろ花粉も舞いそうです。皆様お気をつけて。

さて本日の話題は若年者労働です。
昨今地域によっては労働力が足らず、法令に規制がある若年者にも働いてもらいたいという事業主さんもおられます。
今回は弊社が携わったケースを一部ご紹介いたします。


ケース1:とあるゴルフ場経営者様より「来月卒業式を控えている中学生が高校入学までの間にキャデーとして働きたいと当社アルバイト募集に応募してきました。法的に問題が無ければ就業してもらいたいが、いかがか」
弊社の答え:就労可能。労働時間管理には徹底した注意を払って下さい。(修学時間を参入して1日につき7時間、1週間40時間を超えてはいけません。)


労働基準法第56条1項には
「使用者は、児童が満十五歳に達した日以後の最初の三月三十一日が終了するまで、これを使用してはならない。」と規定されています。
つまり中学卒業後の4月1日が来るまでは原則働いてはいけません。
 ただこちらの規定には2項で例外が以下のように定められています。
労働基準法第56条2項
「前項の規定にかかわらず、別表第一号から第五号までに掲げる事業以外の事業に係る職業で、児童の健康及び福祉に有害でなく、かつ、その労働が軽易なものについては、行政官庁の許可を受けて、満十三歳以上の児童をその者の修学時間外に使用することができる。映画の製作又は演劇の事業については、満十三歳に満たない児童についても、同様とする。」
 まとめますと義務教育課程にある人でも
①有害でなく軽易な労働で
②行政官庁の許可を受ければ
③修学に差支えない範囲で
働かせることができます。

(※「年少者労働基準規則」に定められた業務はどうあっても児童に就業させることはできません。参考URL:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S29/S29F04101000013.html)

今回のケースについて詳しくお話しを伺ったところ、
●別段、児童の健康や福祉に有害とは考えられないこと
●年少者労働基準規則に触れないこと
からこの児童に働いてもらうこと自体は可能と判断しました。

児童に就業してもらうとなったら、下記に十分に留意する必要があります。
■労働時間■
修学時間を通算して1日につき7時間、1週間40時間
■労働基準監督署の許可■
労働基準監督署に次の書類を提出し許可を受ける必要があります。
・戸籍証明書
・学校長の証明書(就労させても差支えないとの証明)
・親権者又は後見人の同意書
・使用許可申請書


今回の児童の方はプロゴルファーを目指していてゴルフ道具と勉強のためにも就業したいとのことです。なんと立派な\(^o^)/
スギちゃんが初めてアルバイトをしたのは16歳のとき、ファミレスでキッチン仕事をしておりました。先生にバレないようにウエイトレスではなくキッチンを志望しました。「本当はウエイトレスやりたいなぁ」とずっと思っていたのを思い出します。
スギちゃんはお小遣い稼ぎのためにバイトをしていましたが、う~ん、なつかしい。

初めてアルバイトをした初々しい気持ちを思い出し、明日からのお仕事がんばりましょう(^u^)
次回をお楽しみに!!

投稿者 社会保険労務士法人中小企業サポートセンター

中小企業サポートセンターでは、
未払い残業の対策や賃金設計の方法を知りたい方!
労務トラブルを解消したい!など
依頼者の皆様に対して、
フットワークを軽く、安心できるサポートをご提供します。